こんにちは、うさ三郎です。

香田あおい「パターンアレンジで21のデザイン」
試し読みの段階から作りたいと考えていた、
ペグパンツ完成しました。


FullSizeRender


JOANNで買った、ストレッチサテン生地で。

絶対にこの生地はこのペグパンツに合う!
と思って作りました。

どうでしょう。
ものすごく格好良くできたと思います。


FullSizeRender


ウエストは、
前部分はゴム無しでスッキリと。

後ろは、約3cmの幅広ゴムで、着脱ラクラクです。

指定のゴムは、3.5cm幅でしたが、
JOANNで手に入るのは約3.1cmと約3.8cm幅だったので、
幅の狭い方を選びました。


FullSizeRender


サイドポケット付き。

こちらの本は、ポケットの作り方が丁寧に記されているので、
迷うことなく縫うことができました。

ポケットって、無いと本当に困るんですよね。


FullSizeRender


後ろ姿。

生地をたっぷりと使ったデザインなので、
丸っと可愛い形をしています。

私は下半身大きめのウェーブ体型なので、
11号で作ってみましたが、
ワンサイズ小さくてよかったかも。

少し余裕がある分、もったりして見えなくもありません。

落ち感もあり、ハリもある生地なので、
腰周りがより大きく見える気がします。

しかしながら、モードな雰囲気たっぷりで、
白や黒の半袖Tシャツと合わせるだけで格好良くなるので、
これはこれでお気に入りとなりました。

コットン生地で縫う場合は、
ワンサイズ小さいパターンを使おうと思います。

大変だったのは、
やはりストレッチサテン生地ならではの、
滑りやすさと伸びやすさ。

ロングスカートを縫ったときと同じように、
かなり苦戦しました。

今回は、レザー用の押さえを購入したので、
前回より滑りが抑えられてうまく縫えたものの、
下糸がバグって鳥の巣ができまくりました。

見えないところに、
現在も鳥の巣が残ったままですが、
さっそく履きたいのでこのままでいきます。

時間のあるときに、ほどいて縫い直すことにしよう。

あと、やはりロックミシンはあったほうがいいですね。

ミシンのジグザグ機能では、
生地がくちゃくちゃしてきれいに縫えません。

くちゃくちゃになって生地が引っ張られて、
直線縫いしたところがツレて形が悪くなるトラブルも。

なので、ジグザジミシンを施していない箇所が
いくつかあります。

手縫いでほつれ止めをするか、
バイアステープを縫い付けるか、
後日何かしら修正を加える予定です。

もうストレッチサテン生地は買わない!

と今は思っているのですが、
見た目の美しさと履き心地の良さから、
文句言いながらまた買うんだろうなと思います。




パターンアレンジで21のデザイン 服作りをサクサク楽しむためのソーイングテクニックをマスターして [ 香田 あおい ]
パターンアレンジで21のデザイン 服作りをサクサク楽しむためのソーイングテクニックをマスターして [ 香田 あおい ]


完全に燃え尽きたので、
しばらくソーイングはお休みします。

さて、編み物編み物!










↓応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ