こんばんは、うさ三郎です。

Kochkina Svetlanaさんの「Simple Cozy Vest」、
後ろ身頃が完成しました。


FullSizeRender


編みはじめと編み終わりのサイズが異なって見えますが、
目数は合っているので、力加減の違いかな。

スチームを当てるときれいになると思います。

編み方はとても簡単なので、
テレビを見ている間、ロードトリップの間、
サクサク編むことができました。

じつは、裾の編み方を途中まで間違っていまして。


IMG_0786


左右の違い、わかるでしょうか。

裾をこま編みの畝編みだと思っていたら、
全然違う編み方でした。

ここまでの時点でけっこう編み進めていたので、
もうほどくのは嫌だなーと思い、
途中から正しい編み方に。

ぱっと見、リブの形に違和感があるのですが、
編み物が好きな人にしかわからない!
ですよね?ね?

前見頃を間違い無く編むことができれば、
100点満点とします(自分に甘い)。

パターンよりも20目、
10cm短くなるよう編んでいますが、
ウエストよりも長めの、普通丈になりそうです。

さて、ちょっと残念だったのは、
使っているPatons Classic Yarn Worsted。

なんと、1玉に玉結びが3つも出てきたのです。

さらに、今すぐに切れそう箇所も。

同じ糸でも、
ニット帽を編んだグリーンは結び目がなかったのですが。

お気に入りの糸ですが、
当たり外れはあるようです。

これからClassic Yarn Worstedを使われる方は、
あっこれはうさ三郎が言ってたやつだ!
と玉結びを睨みながら
イライラを落ち着かせてくださいね。










↓応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ